先日、性懲りもなくトライしていた最中に、鋭利なボトルの割れ口で負傷し、流血を見てやっと少し冷静になったかと思っていたワインボトルのDIY熱。

一度も成功していないことで、なかなか諦めの烙印を押すことができず、やはり悶々としていました。

私はやろうと思ったことは、一度だけでいいからやり遂げたいという、ちょっとこじれた性格をしています。

本当は捨ててしまう予定の失敗作のボトルから、かろうじて使えそうな2点を選び、割れ口をサンドペーパーで手が触れても安全なくらいまで削りました

赤と白ワインで上下がバラバラになってしまったのですが、まぁなんとか形にはなりました。

IMG_4668


一旦作ってみたら今までのふつふつとしていたワインボトルに対するDIY熱への執念がす〜っと収まるのを感じました。

なんか、あれっ?なんで私はこんなにもこれに対して執着していたんだろう?
憑き物が落ちたような感覚といったらきっとこんな感じなんでしょうね。

あー。すっきりした!

IMG_4653
ちなみに、上の写真、右側の2点は造花です。多肉植物もサボテンも枯らしてしまいました
IMG_4654

まざってしまえばわからない〜