一番大きな天井の水漏れダメージをようやく修復しました。

越してきたばかりの頃は天井の何ヶ所かに穴が空いていたりしましたが、そのほとんどが小さなもので、割と簡単に修復することができました。

ただ、一番大きな天井ダメージは、修復を試みたものの、範囲が大き過ぎてどうしてもうねりみたいなものが気になっていました。

この場所ばかりは一度石膏ボードを張り替えなければいけないかと思い、状態を確認すべくドリルで小さな穴を開けてみた所、ダメージ箇所は新しい石膏ボードに張り替えてあり、大まかな修復はした後でした。

なので、結局以下の工程で修復しました。
  1. 修復用パテを多めに塗ってよく乾燥させる
  2. 根気よく平らにサンドする
  3. 天井用のペンキをペイントする

この部屋の床はカーペットなので、サンドする時は写真のようにビニールをぶら下げました。かなりの量の粉塵が出るのでゴーグルとマスク必須です。


平らになったところで天井用ペンキをペイントします。
ここで要注意なのが、壁用と天井用のペンキは荒さが全然違うので気をつけなければいけない事です。ホームセンターでは必ずサンプルがあるので確認するといいでしょう。天井にはマットまたはフラット仕上げを使います。

さて、ダメージ箇所を塗り直し、乾燥したら……こんな感じになりました(^^)


修復大成功❗️
ぱっと見だとダメージ箇所がどこか全然分からなくなりました。

この部屋は普段あまり立ち入らないのですが、今後はここにデスクスペースを作って、クラフトやデスクワークができるように工夫する予定です。
一年以上専業主婦を続けさせてもらったのでそろそろ社会復帰しようかと思っていて、自宅でもできる仕事から何か始めようと現在模索しています。