先日ホームセンターで購入した安価な板を使って、キッチンパントリーの正面の微妙な空間に棚を作りました。

まずは完成後の写真👇

キッチンへの通路なので、棚を作るなら簡易デスクのようにして、レシピを調べたりするスペースにするか、アメリカンビンテージのカップなどを陳列できるような感じにするか悩んだ結果、後者にしました。

今回この棚を作るにあたり新たに購入したのは板だけなので、日本円で2500円ほどで出来ました。
 
私たち夫婦は素人ながらも、DIYをする時はまず最初に完成形をイメージして(紙に簡単なスケッチを書く)、それをどうやって一番簡単に作るかを話し合います。

家にある限られた工具を使って、いかにシンプルにできるか…
今回の棚に関しては、我ながらかなりずぼら設計です。プロの方や普段DIYしてる方から総ツッコミが入りそうなずぼらぶりです。

さて、これが何もない状態
棚をデスクとして使うには、奥行きが無く、大分微妙な広さです。
そしてここは玄関から入って最初に目につく場所なのでこの空白は何気に寂しいんですよね。

作り方です。←あくまで私たちのやり方ですので、強度や見ばえを考慮する方には向いてないと思います。

まずは材料をカットしてサンドします。小さくカットしたのがそのまま棚の高さとなります。
サンドしたら全部にオイルステインをします。

小さくカットした方の木を壁の両端に留め付けます。左右取り付けるとき、レベルをきちんと見ます。
まずは下の板を木片にスクリューで留め、上板はボンドで固定します。
中央部分にも仕切りをスライドさせてボンドで固定。(本当は溝にスライドしたいのですが溝を彫る工具が無いためそのままスライドしました。)
クランプでしっかり固定して一晩放置。
上の段も同様に取り付けます。完成。
玄関側から見ると以前より大分いい感じになってます。
眠らせていたビンテージカップなどを飾り付けてみます。先日購入したティーカラフェの飾り場所、ここに決定!
ポイントは、一段目の板にコードを通す穴を開けたところ。これでランプのコードもスッキリだし、携帯やタブレットの充電もできます!

ちなみにこのランプはIKEAで購入した物ですが、黒いソケット部分をゴールドのスプレーで塗装しました。ランプは車庫のドアが開くと電気が点灯するように設定しています。夫が帰宅したらすぐ分かるので便利です。

安く済んだ割にはなかなかの出来に大満足です