『古き良きアメリカ』を私でも身近に感じられる場所があります。

スリフトショップといって、中古品を販売しているお店です。洋服から家具、食器や時には使い古しの松葉杖 まで……とにかくあらゆる物が売っています。

日本のリサイクルショップの様に、まだ使える綺麗な物ばかりでなく、日に焼けてボロボロの本や、壊れた物まで、本当に様々です。

そこでは、割と新し目の物から、時には年代物まで、アンティークショップで扱う様なレアな物が乱雑に積まれていたりする事もあります。

まあ、そんなレアな品物に出会う事など私にはありませんが、中には毎週通って宝探しをする人もいるみたいですね。

私がスリフトショップに行った際に必ずチェックする場所は食器売り場。使い古しの食器なんて… と思う方も多いと思いますが、アメリカのビンテージ食器はなかなか味があります。

ファイヤーキングやパイレックスの色合いやフォルムに魅了されて収集するコレクターはアメリカ人でも多いみたいです。未使用箱入りなんて物を見つけたら本当にラッキーです。
最近では復刻版も販売されているので、ビンテージ風を気楽に楽しむ事もできますよね。

今回のスリフトショップで私が購入した物はこちら。

銀のお盆は、小さな植木をまとめて置くのにちょうどいいかな、と思い、そしてティーカラフェは単純に可愛いかったから。両方とも半額だったので、ふたつで約6ドルでした。

早速飾ってみます。サボテンはあまりこのお盆には合っていませんね
うん、でもまぁまぁいい感じです

そしてティーカラフェは……実はこれでふたつ目です。

また見つけたら買っちゃいそうな気がする 可愛いけど飾る場所悩むな〜〜





私は時折古い物たちに囲まれては、ふと過去に想いを馳せたりします。
過去に生きた人々の事や、自分自身の事。

what if....もしもあの時……

毎日数え切れない選択をしながら生きている私たち。もしもあの時、違う道を選んでいたら、私は今どんな人生を歩んでいたんだろう…
あの時に生きた人たちが違う選択をしていたら、今はどんな時代になっていたんだろう…

などと、少々メランコリックな気分になってしまっているのは、またビンテージ品を買ってしまったからなのかな。

もしも可能なら、過去の自分に教えてあげたい事がある。戻ってみたいな、自分の過去に。